中国パブ巡り

ブログを削除してしまいますたが、先日お邪魔した中国パブが楽しかったので、再度ブログ開始!コツコツと目標3日に一度の更新!変不可能為可能!出張で訪れることしかないので地域はバラバラです。中華料理も記す予定。出張族ゆえビジネスホテル評論家でもあります∠( ゚д゚)/

Sayuri@静岡

半年ぶりくらいの静岡市上陸

こちらは浜松と違い、半年前の風景がそのまま記憶にある

 

この日も贝多芬さんに予めお伺いし、『【Sayuri】が宜しいのではないでしょうか』となりました

そういえば、前回のプチオフの日に満員御礼のために来ることができなかったお店ですな

f:id:chupub:20170728140724j:image

 

本日も一番乗りを目指し、20時過ぎにはお店に到着 
f:id:chupub:20170728140740j:image

それが、、、

なんということでしょ〜う♪

すでに団体様がいらっしゃるではありませんか!!

静岡人の夜は早いのか

 

《1番乗りのメリット》

●好きな席をチョイスすることができる

たまに指定されてしまう場合もありますが、気楽でいいですよね

●気に入った小姐がいる場合は長く触れ合うことができ、好感度をアップさせることができる

●店内観察大好きな私は、隅から隅まで観察を楽しむことができる

 

《デメリット》

●極悪店だと他にお客さんがいないため、小姐全員分のドリンク攻撃を一手に引き受ける事もある

●お目当ての小姐が同伴中で、現実を思い知らされる事もある

●小姐が出勤前で店の実力?がわからないこともある

 

(´ε`;)ウーン…メリットがあまり感じられない気もするが、私は1番乗りが好きなのであります

それでも本日は敗北を喫してしまったわけだ(;O;)

 

閑話休題

贝多芬さんがママに連絡をしておいてくれたおかげで、ママも『こいつ、誰?』と感じることもなく席にご案内

広くはない店内だが、白を基本にまとめられており、とにかく綺麗

 

私の席についてくれた小姐は北の出身だったか

日本歴が長いらしく日本語ペラペラ

 

と、お喋りしてたらもう一人の小姐がお客様と一緒に登場

どうもこれ以上小姐も増えなさそうだし、週始めのこの日は三人体制で廻すみたいですね

テーブルは4つほどだったので、これくらいがちょうどいいのかも知れない

 

「よくあるよくある」シリーズの小姐のチェンジタイムはない

ドリンク攻撃も、『攻撃』ってほど激しい爆撃は無い

と言うか、本日ついてくれた小姐からは攻撃が一切無かったのが印象的

ママがしっかりと教育をしてるのではないかと推察

 

この日は2時間お邪魔しお会計

ママから最初にシステムの説明があり、まさしくその通りな明朗会計

時速5,000円、カラオケ無料、小姐ドリンク1,000円

 

小姐が少なかったせいか、はたまた店の雰囲気なのか、かなり落ち着いたお店だった気がする