中国パブ巡り

ブログを削除してしまいますたが、先日お邪魔した中国パブが楽しかったので、再度ブログ開始!Twitterに書き込みつつブログも記していく面倒くさがりやな40代♂。変不可能為可能!出張で訪れることしかないので地域はバラバラです。中華料理も記す予定。出張族ゆえビジネスホテル評論家でもあります∠( ゚д゚)/ 中国パブ巡り@chupubのフォローもよろしくね♡

優美ナンバー2@小岩

この日は成田のお客様のところでご接待を受ける

 

商談自体はうまく行きそれなりにご機嫌な私だったが、喫煙厨の私に対しお客さまは煙草を吸う方ではない

そんなわけでお客さまといるときは、当然タバコは吸わずに過ごす

お酒が入ると無性に吸いたくなるのよね。。。

 

かなり苦しかった2時間半も過ぎ、19時半には京成成田駅で解散

さてと家に戻りますかな

 

タバコが吸えず苦しかったとはいえど、飲んでたのでご機嫌な私

今日は平井のママから営業メール来てたし、たまには顔でも出そうかしら。。。

 

途中まではその予定だったのだが、京成船橋駅で総武線に乗り換え移動するのが億劫になってしまいました

一応総武線に乗ったものの、平井まではなんとなく面倒に。。。

 

そんなわけで時間にして5分ほどしか変わらないであろうが、私の中では時間的に天と地ほどの差がある小岩で下車することに

北口はもういいので、南口をぶらぶらすることに決定

 

南口を左に曲がり1分ほど歩くと、優美ナンバー2のキレイでない看板が目に入る

時間4,000円と看板には書かれており、運命を感じた私は本日はこちらにお邪魔することに

やはりキレイではなく、時間を感じさせるビルの2階までテクテク階段を登る

果たして営業しているのか営業していないのかよくわかならいドア

要するにここもキレイではないのです

意を決してドアをオープン!

 

『いらしゃいませー』

の黄色い声が響く予定が、びっくりした様子のママさんらしき女性しかいない

「1人で来たイケメン先生ですがいいですか?」

ここでようやく席までご案内

かなり長細い長方形の室内で、どこでも座っていいとこのこと

奥ゆかしい私はど真ん中のテーブルに座らせてもらった

奥では『誰のお客さん?』と言われていたが気にしない

後で確認するとほぼ常連オンリーのお店で、飛び込みでしかも一人なお客はまずいないと言われた

 

テーブルに座って少し経つと年配の女性、ママかな?、が登場

初めて来た旨を伝え、飲み始める

システムの説明を受け、小姐も登場

ピンク色のドレスが眩しい

20代ってことはなさそうだったけど、何とびっくり私より歳上とのこと

 

優等生の私は21時前に入店しており、この時間は小姐がいないのかこちらのピンク色小姐だけだったが、、、

少しばかり時間が経つと続々と小姐が出勤

漏れなくお客さんもくっついている

同伴なのかな?

そして漏れなくそこそこな年齢っぽい小姐たち

私と同年代くらいか

ってことはここは熟専戦士の私にとっては天国の予感が(∩´∀`)∩

 

そんなわけで気を良くし、小姐とともに乾杯です(o^―^o)

小姐ドリンクは、アルコール系・・・2,000円、ノンアルコール・・・1,000円とのこと

 

乾杯しつついろいろお話を伺っていると、、、

こちらの私にとっての天国なお店も、2か月後にはお引越しらしい

北口のほうに移動するとな

小姐のメンツが一緒かどうかまでは知らないけど、これで少しは新しそうなドアや看板になるのかな?

店名がどうなるのかも知らないが、ナンバー2の名称は残すのだろうか

 

北口に移動したら連絡するからね♡とピンク小姐に約束され、LINEを交換してよもやま話

今日は予算が1万円なんですぅ、と最初にお願いしておいたら結局2時間半くらいまで居させてくれた

わがままを聞いてくれてありがとうございました

 

お客さんと飲んでてすでに酔っ払い気味だった私、調子に乗って優美でも飲んでいた

これが非常によろしくない

総武線にゴトゴト揺られてるうちに気持ち悪くなり、錦糸町で緊急下車

トイレに駆け込み緊急リバースして、その後は無事に帰宅