中国パブ巡り

ブログを削除してしまいますたが、先日お邪魔した中国パブが楽しかったので、再度ブログ開始!コツコツと目標3日に一度の更新!変不可能為可能!出張で訪れることしかないので地域はバラバラです。中華料理も記す予定。出張族ゆえビジネスホテル評論家でもあります∠( ゚д゚)/

Club Lion heart@赤羽

読みにくいタイトルになってしまった(-_-;)

何故なら、いただいた名刺にそのように書かれており、私は転記しただけだからだ

f:id:chupub:20160825182959j:plain

 

店名が『ライオン』なのに、名刺には綺麗な蝶が描かれている

画像が暗かったので加工してしまいイマイチよく分からないが、実は厚手でピンクでコーティングされており結構高そうな名刺です

 

名刺を見て分かる通り、こちらも赤羽駅南口からすぐのクレアシオンビルにあり、お世話になっている『満天星』さんのごく近所というか同じビル

『満天星』には訪問する前に一応連絡を入れておいたのだが、私にとって運の悪いことに店内にはお客様がたくさんいらっしゃる

“非常連”の私は遠慮して後でおじゃますることにしましょう

 

たまには違う階で浮気もしてみましょう

そんなわけで5階にあるライオンハートさんに初訪問

義理を欠かすこともなく、満天星さんには「いっぱいだから遊びに行ってくるよ」と伝えてあるので、ママも『あのイケメン野郎、浮気しやがってヽ(`Д´#)ノ ムキー!!』とはならないでしょう

 

ガチャリとドアをオープン

『いらしゃいませー』

おっと、思ったより狭い店内

こちらのビルはどこでも同じ作りの部屋かと思っていたけど、そうではなさそう

黒服と小姐が迎えてくれる

黒服は日本の方かと思っていたが、どうも中国の方みたいだ

 

テーブルは5,6個だったかな

ただし大きなテーブルはなく、ほとんどが2,3人掛けの小さなテーブル

この日が偶々なだけかもしれないが、お客さんも個人で来ている方が殆どだった

 

内装は黒で統一してあるのか、いわゆるナウい感じ

私のような“おっさん”が寛げる感はあまりない

私も何年か早く、“ヤング“だった頃に来たら違う印象かもしれない

 

この日私の席に着いてくれたのは、90後のピチピチでお肌が水を弾きそうなヤング小姐が2名

お一方はお顔も失念してしまったが(^O^;)、もう一方の小姐は茶髪が多い世の中、綺麗な黒髪だったのが印象的

二人とも友人らしく、「先日から勤め始めたんだよ~」と自己紹介を受ける

二人とも初心者なのか、お酒を注ぐ手がやや危なっかしいが、初々しさはおっさんの私の心に響く(^_^.)

手つきが慣れたベテラン小姐もいいものですが、まだまだ不慣れな様子もいいもんですね(親の気持ち)

可愛らしかったし、ハキハキしてたし、接客等を覚えれば良い給料貰えるんじゃないかな~、とおっさんは邪推する

 

途中でママも参戦

店内には花輪も飾ってあったので「このお店、何周年だったの?」と聞いてみると、『まだまだ一周年です』と健気なお答え

「どんな商売もオープンはできるけど長い間維持させるのが大変なので、これからも頑張ってくださいね♡」と心のなかでつぶやく

 

適度に飲み、適度に歌い、適度にお酒をご馳走し、満天星も気になる時間になったのでこの日は1時間でお暇

普段は初めての店ではシステムを聞くようにしているのに、今回は聞かずに座ってしまった私が悪かったが、お会計をすると赤羽にしてはややびっくりの8,800円

 

確か小姐には1杯ずつのビールだった記憶

ってことは、なんにも言わないと時速4,000円で小姐ドリンクが1杯2,000円なのかな

+謎の800円

カラオケ代か、はたまたサービス料か

 

嫌だったら行かなければいいだけなので、料金システムは店の姿勢として貫けばいいと思うの

けど一見のお客さんにはシステム説明が欲しかったなと、おっさんの独り言

逆ギレに近いのは認めます

 

最後は批判めいた事を書いてしまいましたが、ママもまだまだヤングだし、小姐も若いし、おっさんの独り言も少しは聞いていただき、このまま行けばいい店になるんじゃないかしら?

(上から目線で申し訳ございません)