中国パブ巡り

ブログを削除してしまいますたが、先日お邪魔した中国パブが楽しかったので、再度ブログ開始!コツコツと目標3日に一度の更新!変不可能為可能!出張で訪れることしかないので地域はバラバラです。中華料理も記す予定。出張族ゆえビジネスホテル評論家でもあります∠( ゚д゚)/

彩@上野

新橋の小姐がFAとして移籍したらしい

 
いろいろと苦労もあるのだろうが、見てると簡単に?移籍できて羨ましい
私にも会社を選ぶ権利はあるのだが、年も取るとだんだん役職が上がり、かんたんに移籍という訳にはいかない 
 
この日はたまには会いに来てよ♡と呼ばれ、上野には行ったことないし、上野童貞を捨てようと思い出発
 
上野の印象。。。。
最近減ったような気もするが、騙されてカードをスキミングされて気付いたら20万入ってた財布が空っぽに、、などなどいい噂は聞かない
小心者の私は用心深く2万円だけ財布に入れ上野にGo
怖がり過ぎな気もするけどこれでいいのです
 
困ったことに店の名前がわからず「自分で調べるから何とかしてちょんまげ」と頼むと艶めかしい素足とともに店の地図を見せてくれた
名刺の裏側かな?

f:id:chupub:20160713171512j:image
 
 
うん、よくわからないけど、とりあえず名刺?を頼りに行ってみましょう
御徒町駅から歩いて5分
どこかのビルの5階
 
途中おびただしい数の小姐に出会う
小姐の数だけ中国パブもあるのでしょう
全件制覇する強者もいるのでしょうが、これはかなり時間が掛かりそうですな
 
さてさて、エレベーターに乗り込み颯爽と5階に到着
20時を少し廻った頃に店に到着
 
ガチャリとドアを開け『いらしゃいませー』
と黄色い声の予定が、ドアを開けて初めて目が合ったのはマスターらしきお父さん
 
この日は小姐5名
週末になると増えるのかなぁ?
パッと見、年齢層はやや高めか
上野って言うと若くてピチピチ(死語)なものだとばかり思っていたけど、やや拍子抜け
いえ、熟専の私にはまったく持って問題ないのですが
 
少しばかり細長く落ち着いた照明の店内
お一人様の私は1人用?のテーブルに通される
当たり前だが少し狭い
全体では30名くらいは楽勝で入れるんだろうな
 
席に着いた早々カラオケってのも全く趣がないので、元新橋小姐と世間話を楽しむ
会った早々に『もしかして太った?』と気にしている事をズバッと直球勝負で言われてしまう
。・゚・(ノД`)・゚・。
 
と、ナイーブな私は傷付きながらお話&飲みを進めて適度に酔っ払ったところで歌でも歌いますか、と相成る
 
元新橋小姐は歳も私と近く、私のツボにはまる歌を知ってて非常にいいのだが、ここで『もう一人歌のうまい小姐を呼んでいい?』とご提案を受ける
 
歌がうまいとのことで興味津々
年齢層高めと上に記したが、こちらの歌のうまい小姐は90後らしい
90後の実力や如何に⁉
 
富山のこちらのお店の小姐の歌声が私の中でNo.1
 
 
おぉ!
この小姐の歌声、かなりいい!
普通に話してるといかにもヤングなのだが、歌を歌うとヤングの面影はどこへやら、しっとりとした心地よい歌声
上から目線で大変恐縮だが、音程も歌に対しての心の込め方等々すべてがチョベリグ
( ´∀`)bグッ!
聞いてて気持ち良かった
 
私の中での歌姫リスト
(順不同)
富山のあの小姐
赤羽のその小姐
上野のこの小姐
全員が全員、名前をころっと忘れたのはナイショだ
 
気持ちよく歌を聞いてたところで、そろそろ予算が気になりお会計依頼
最初からシステム確認しとけよ!って話だが、私の中でのお約束なので気にしない
 
20時から22時くらいまでの滞在
恐らく上海出身のマスターには2時間としてカウントされてるはず
合計¥18000のお支払
1時間¥5000で、飲み物が¥2000かな?
 
中国パブでは大井町育ちの私としては若干高めの印象を受けたが、歌が良かったので気持ちよくお支払
 
お会計後はママが1階まで送ってくれ、御徒町駅までの歩き方を丁寧に教えてくれた
『途中、呼び込みに引っかからないようにね』との忠告付き
Σ(´∀`;)
確かに御徒町駅までの帰り道は山のような呼び込み
凄まじく興味をそそられるがここはグッと我慢
 
適当にあしらいつつ無事に駅まで辿り着き、山手線の旅に出かけた