読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国パブ巡り

ブログを削除してしまいますたが、先日お邪魔した中国パブが楽しかったので、再度ブログ開始!コツコツと目標3日に一度の更新!変不可能為可能!出張で訪れることしかないので地域はバラバラです。中華料理も記す予定。出張族ゆえビジネスホテル評論家でもあります∠( ゚д゚)/

大連@福井市

 

 

先月おじゃました時に居心地が良かったので出張時に再訪

chupub.hatenablog.com

この日は快晴

日本全国そうだろうが、福井市もご多分に漏れず暑い

 

この日の宿泊先は”アパホテル福井片町”

予約した時は全く知らなかったが、アパホテル入り口から徒歩1分

ホテルのチョイス最高だね♪と自分を褒めまくる

 

4階までエスカレーターでレッツラゴー

時刻は21時少し前

 

イケメンの私の事を覚えてくれてるかドキドキしながらドアオープン

「いらしゃいませ~」

この日の小姐は1名

ママと合わせて2名のご出勤

先客さまナシ

少しばかり拍子抜け

先月は水曜日におじゃまし、もっと小姐がいた気もする

 

「あれ?先月も来てくれました?」

そのお言葉を待ってたんですよぉ♡

私ことも覚えてくれてて一安心

落ち着いたところで飲み始めデス!!

 

店の様子は以前記したので省略

この日は気になっていることを質問してみた

 

●小姐の人数が今日は少なくないですか~?

小姐の人数は曜日によってバラバラ

やはり週初めである月・火はお客さんも少ないし、人数も絞って調整しているとのこと

ママ業も大変だ

 

●肝心カナメのシステムは?

前回聞かなかったし、聞かずに飲んでしまう私がイケないのだろうが改めて確認

セット4,000円で小姐ドリンク別途との明快なお答え

 

ここは確認したわけではないのだが、どうやらこの店は時間制ではないぽい

長時間飲むんだったら、ボトルを卸したほうが間違いなくお得ですな

酔ってたとはいえ、先月の私の判断は間違いではなかったわけだ

片町ではボトルを卸して飲むのが当たり前なのかなぁ??

 

●どうして店名が【大連】なの?

もう一つの大きな謎があるので、それも聞いてみた

これは中国パブ業界に対する私の最大の謎だ

どうしてこうも【大連】が世の中に多いのか

そこそこ大きな街に行けば必ず【大連】にヒットする(はず)

ご多分に漏れず中パブ

 

果たしてママに聞いてみると、、、

ママの出身地かと思っていたが、ママのお答えは【瀋陽】とのこと

【大連】とは少し(かなり)離れてる気もするんですが

瀋陽には海もございませんし

 

と、ツッコんでみたところ。。。

「本当は出身地である【瀋陽】にしたかったんだけど」

「店を開くにあたって、【瀋陽】じゃ日本人は誰も中国の地名だと想像がつかないでしょ」

「【北京】か【上海】だと都市が大きすぎて、なんか申し訳ない気がするし」

「そんなわけで、なんとなく瀋陽からも近いし、日本人にも『この店は中国パブだ!』って想像しやすいであろう有名な都市名の【大連】にしたの」とのお答え

 

なるへそ~

こちらの【大連】にはそんな理由があったのね

これは一つ社会勉強になった 

 

他の地域の【大連】でも、恐らくそれなりの理由があるのだろう

そんなわけで暫くの間は全国の【大連】の謎を探ってもいい気がしてきました

沢山あるし、ネタに事欠かずに済みそうだし(^_^.)

 

この日は3時間ほどの滞在

合計8,000円のお支払い

来月も福井に出張がありそうなので、再訪を約束しホテルに戻る