読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国パブ巡り

ブログを削除してしまいますたが、先日お邪魔した中国パブが楽しかったので、再度ブログ開始!コツコツと目標3日に一度の更新!変不可能為可能!出張で訪れることしかないので地域はバラバラです。中華料理も記す予定。出張族ゆえビジネスホテル評論家でもあります∠( ゚д゚)/

夢蘭@蒲田

東京都

久しぶりに蒲田に
あまり良い思い出がないこちらの街

蒲田にいるお客さんが、たまには一献しましょうってことで蒲田まで足を伸ばす

蒲田で何故?と思いつつジンギスカンをご馳走してもらったあとは一時会で解散
お客様のご家庭は恐妻家で、あまり遅くなってしまうと奥様が激おこらしい
健全に21時には解散

う〜ん、寝るには早すぎるか
ここは社会見学ですね
蒲田駅西口の中国パブがいっぱいある所を寒い夜空の中テクテクと歩く

春節真っ只中のこの季節は流石におねいさんも少ないか
無理して飲まなくてもいいわけで、社会見学も終わらせ帰ろうと思っていたのだが、看板のところに客寄せとして佇む小姐発見

薄着であまりにも寒そうだったのでジェントルマンな私は声をかける
1時間\4,000とのこと
蒲田ではこのくらいの料金体系が標準なのかな?

中途半端な地下一階らしきところに連行される
『夢蘭』
赤羽の有名なお店と同名だがおそらく関係は全くないでしょう

場所も場末チックだし、新しいことはないだろうなと思っていたが、やはり新しくはなさそうな店内
私好みの狭さで、15人も入ればかなりキツキツになるのではなかろうか

先ほど声をかけた小姐が横についてくれる
この小姐は若そうだったが、平均年齢はやや高めな雰囲気
日本のおねいさんが1名いた

常連客が殆どで一見さんはまず来ないとのこと
出張の折しか寄ることのできない私としては、どこに行ってもアウェイ感を感じてしまうが仕方ないですねぇ

横についてくれた小姐はかなり寒かったらしく、私の手を握り"ほら、こんなに寒かったの"と力説してくれ、自分からイヤらしく手を触れることなくタッチできたのはかなりの高評価
冬は私も苦手だがいいこともあるものだ

お客様とは21時に解散したもののかなりのペースで飲んでおり結構キツめなこの日
これ以上居座ると眠さがタマランチ会長になり、小姐とのトークを楽しむ余裕はなくなるであろう
珍しく1時間で帰宅することに

書くのを忘れるところだった
入店と同時に一見さんの私にはシステムの説明をしっかりとしてくれた
これは評価高いです
延長も自動延長は無し
安心して飲めるんじゃないでしょうか